オールシーズンタイヤ ファルケンEUROWINTER HS449の雪道使用レビュー

車のタイヤではありますがレビューです。

1年前にこのタイヤ ファルケンEUROWINTER HS449を履いてからやっと雪道で使うことができました。
埼玉にも大雪が降ったのでオールシーズンタイヤが役に立つ日がやっと訪れました!

オールシーズンタイヤ「EUROWINTER HS449(ユーロウインター エイチエスヨンヨンキュー)」の紹介ページです。ファルケンタイヤ公式サイト。

ドライ路面の使用感

このタイヤFALKEN EUROWINTER HS449を履く前はピレリのP1を使用していました。
P1から比べてしまうとグリップ面で力の差は感じました。

グリップの差を感じたとはいえ、このタイヤのグリップ力に不満はありません。
まったく問題ないグリップ力です。

最初はさすがに 「大丈夫だろうか??」 なんて思ったのですが、良い意味で期待を裏切ってくれました!

入れてよかったと思えるほどの走りだったので良かったです。

P1と比べてロードノイズもかなり減りました。

雪道での使用感

仕事の帰りにけっこう積もってきたのでシャーベット状と積もった状態での使用です。

あまり期待していなかっただけにかなり好感を持てました!
かなり走れます。

積もり路面では走りだし若干のすべりはありましたが、走行中はほぼ滑ることなく30kmの道のりを帰ることができました。
怖さはまったくありませんでした。

雪が降ったあとのところどころ氷面も走りましたがさすがに怖かったです(^^;
ガッツリ氷面はちょっときついかも。

どっちにしろ氷面はチェーンじゃないときついので仕方ないのかな。

まとめ

タイヤ交換しに行ったときに初めて知ったオールシーズンタイヤ。
運よく在庫処分を激安でゲットできたので使用してみることに。

疑問はありましたがこのタイヤを履いてよかったです。
金額にもよりますが、今後もオールシーズンタイヤを使用しようと思っています。

それくらい私にとってよいタイヤでした。

私の場合、ウィンタースポーツはやらないのでスタッドレスはいらない生活環境です。
そんな環境の人にはもってこいのタイヤではないでしょうか。

しかも埼玉なんて年に1回雪が振ればよいくらいの環境なのでオールシーズンタイヤが適していると思います。

チェーンも持っていますが最悪の場合に装着することを考えて、オールシーズンタイヤで乗り切れるとかなり楽です。

欧州ではけっこう定番のようなのでオールシーズンタイヤは悪いものではないと思います。

私は今後も積極的に履いていきます!
ピレリやミシュランでもオールシーズンタイヤを扱っているようなので次はピレリでいきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする